業務用オーブンのキュウーハン

業務用オーブンのキュウーハン

 輻射窯とは

9パターンから選べる涼厨
業務用オーブンのキュウーハン

輻射窯とは、石窯を越える本物商品です

 

石窯焼きをアレンジ当社のオーブン「輻射窯(ふくしゃがま)」は、伝統の石窯焼きの特徴である「熱せられた石壁からの輻射熱と高温蒸気が加わる熱作用」をデジタル化して開発されたガスオーブンです。
極めて高い赤外線の放射(輻射)の作用で、風味・色つやなど、焼き上がりに違いが出ます。

さらに、ガス機器・食品機械としての安全性・精度・耐久性を重視して、弊社では一つ一つの部品にもこだわり、全オーブンを国内の自社工場にて製造しております。安心の日本製です。

赤外線と輻射熱 赤外線と輻射熱 赤外線と輻射熱
赤外線と輻射熱 赤外線と輻射熱 赤外線と輻射熱

 赤外線と輻射熱について

太陽の光を浴びると、暖かく気持ちがいいですよね。
これは赤外線の輻射熱(ふくしゃねつ)の効果です。
外気温は同じでも、日向にいる時と日陰にいる時では、身体に感じる暖かさが違います。 私たちが外で暖かさを感じるのは周囲の温度からだけではなく、太陽から直接届く赤外線による輻射熱の効果が大きいことが分かります。

美味しく焼ける秘密太陽から真空の宇宙空間を突き進んだ太陽光が、物質に当たり、その物質の分子を振動させて輻射熱(放射熱)を発生させるのです。

このことは、オーブンの中も同じです。
特殊炉内構造が、遠・近赤外線から強力な輻射熱を炉内に充満させ、パンや菓子生地を芯から温め、さらに発生する二次的な輻射熱が、さらに温かさを広げます。

赤外線の中でも、5.6ミクロン以上の遠赤外線は、波長の長いぶん深達力があり、対象物に深く浸透し、芯から暖める効果があります。

他社オーブンと比べても、当社の輻射窯は赤外線の放射率が極めて高いので、パンや菓子生地が、風味豊かに、美味しく焼き上がります。

 輻射窯の構造

【石窯を再現する輻射熱 遠火の強火効果】

一般的に固定窯と分類されるオーブンは、ガス式、電気式、いずれも炉内熱源が天井部に組み込まれており、例えば、天井のヒーターから約20cm真下のパン生地等を直下火で焼き上げるという直射熱方式が主流です。
しかし、そのような焼き方では熱源と生地が近いため、表面を焼きすぎたり、美味しさに必要な水分が飛びやすくなってしまいます。

遠赤外線を放つ炉内輻射窯は、石窯の特徴である「輻射熱」を、炭と石壁ではなく、現代の科学を使って、特殊炉内構造(特許)で再現しました。
上火炉熱源として、備長炭に匹敵する2~5ミクロンの赤外線をバランス良く放つ「シュバンクガスバーナー」を両サイドに採用。
その赤外線を、炉内天井の高効率反射装置で照り返すことで『遠火の強火』の理想的な焼き加減を可能にしました。熱源から離れている炉内中央部でも、狙い通りの均一の焼き上がりを実現します。

ハロゲンランプの効果

【焼成具合が窓から確認できます】

スイッチひとつでハロゲンランプが点灯し、焼成の様子が窓から鮮明にわかります。
また、ランプの取り替えもワンタッチで簡単です。
ピザ仕様の場合は密閉型のドアで放熱を防止するため、窓とハロゲンランプはありません。

【簡単操作】操作パネルで簡単管理

オーブンは焼成能力はもちろん、その使い勝手も重要です。
キュウーハンは、長年蓄積した経験と、現場の職人の方たちのご意見を活かして、操作パネルの機能性と操作性を追求してきました。

その名もマイコン操作盤「輻射窯熟練工®」

温度設定やタイマー等の基本的な部分から、焼成データの記憶による自動運転等の部分までより便利により簡単に扱えるよう徹底改善しました。

充実した機能でお店の「焼き」をサポートします!

【科学的な検証に基づいたもの】

New Food Industry(食品加工および資材の新知識)1997年8月号(左写真)に公開された横浜国立大学の製品の放射窯(弊社の輻射窯)と対流窯の比較実験では、輻射(放射)窯で焼いたものの方が、焼き色が良く、中はふんわり柔らかく膨らみも良い点で、有意差が実証されました。雑誌で紹介

『石窯での温度調節は大変難しく熟練を要するので、これまでの石窯に代わって、石窯焼きの特徴を持ちながら、温度の自動制御ができる窯が使用されるようになるものと考えられる』と表記され、輻射窯は高い評価を受けました。

輻射窯が、石窯のような熱回りを再現することも科学的な検証に基づいたものであり、まさに、その「輻射窯」というストレートなネーミングの確固たる裏付けでもあります。

このページのトップに戻る▲

 輻射窯の性能

 温度のアップダウンが早いのが便利です!高火力だからおいしい!ガスオーブン

多くの電気オーブンが、例えば200℃設定にて温度を立ち上げた場合、所要時間として40~50分かかるのに対して、輻射窯はガスの強い火力により約20分で立ち上がります。

さらには、温度調節(アップダウン)も正確かつスピーディーに対応するので、作業効率が大幅にアップ!

 正確な温度コントロール

電気オーブンは温度上昇に時間がかかるのと同時に、立ち上がり後予熱が効き過ぎて下がりにくく、使用中の温度誤差が6~10℃。輻射窯ガスオーブンの温度変動は、1℃未満です。水分、還元力、セラミック技術
この実力が、一定の品質維持と焼きむらのないパンや菓子をつくりだします。

スチーム装置(オプション)を使うと、フランスパンなど、きれいなクープや艶出しに威力を発揮します。

 水蒸気と還元力

また、乾燥空気の対流熱を防ぎ、ガスオーブンならではの「ガス燃焼水蒸気」が “多からず少なからず”という水分効果を生み出し、生地表面は香ばしく、内部は水分や旨みを保ち、ジューシーな食感になります。
ガスならではの還元力にもご注目ください。還元力とは、酸化を防止し旨みを引き出すといわれる作用のことです。焼成の一例
ガスオーブンの燃焼時の熱気には、水蒸気だけでなく、還元力が備わっています。

 でんぷんのアルファー化を促進

旨さの秘訣として、生地の中のでんぷんにバランスよく熱を加えることにより、アルファー化(小麦粉の主成分であるでんぷんに、水と熱を加えると糊化する現象の事で、生のでんぷんが食用可能となるための必須条件)の促進ができ、人間のもつ味覚の上で、口溶けのよいものに変えてくれます。

業務用オーブン遠赤外線協会認定 涼しい輻射窯《涼厨》を開発しました

全国主要ガス会社の、厨房を涼しくする戦略商品として、様々な調理機器の涼厨仕様として商品化され普及していますが、JIA快適性基準を満たした固定式ガスオーブンは開発されていませんでした。

2012年、東京ガス(株)と三年間に及ぶ共同開発の結果、JIA快適性基準値に抑える新技術で、熱くなりにくい構造を実現しました。

詳しくは製品ラインナップで紹介しております。

このページのトップに戻る▲

 輻射窯は省電力・低ランニングコスト

 環境に優しいオーブンです◆輻射窯ガスオーブンは、省電力・低ランニングコスト! 

家庭用のわずかな100V電源でOK。

電気オーブンの場合、5~30kWもの電気容量が必要ですし、3相200V電源への受変電設工事が必要です。
ガスオーブンは家庭用の100VでOKなので、受変電設工事のコストがかかりません
200Vという大きな電力を使用する電気オーブンより、ランニングコストは安く省エネ!
ガスオーブンにするだけで、手軽に省エネが実現します。

 ◆焼きムラ解消による生地のロスを減らす

涼厨オーブンの効果イメージ燃費も大事ですが、焼きムラで生地のロスが出るのも解決したい問題です。
輻射窯は、特許取得の高効率反射装置で、そのような悩みも解消。
生産性を大きく向上させるガスオーブン、それが輻射窯です。

 ◆輻射窯「涼厨」なら空調費用も軽減

涼厨型オーブンなら、オーブン表面からの放熱が抑えられることによって室温が下がり、空調費用が軽減できます。

 ◆環境にやさしい

電気を使用してもその場でCO2が排出されることはないのですが、電気の使用を抑制することは、発電所でのCO2排出量を抑制することにつながります。環境に優しいガスオーブン
天然ガスは、石油や石炭に比べ燃焼時に排出する二酸化炭素の割合が少ないので、電気の代替エネルギーとして使うことが、地球温暖化対策の他、電力不足に貢献することにもつながります。

世界中が地球温暖化対策を進めている今、企業はもちろんのこと、個人のCO2削減の姿勢が問われる時代です。
環境負荷が少ないエネルギー、天然ガスを使うオーブンは、社会貢献というお店のポリシーになり、
焼きはもちろんのこと、環境問題の面からも最適なガスオーブンとしてご提案申し上げます。

このページのトップに戻る▲

 確かな安全性《特許多数取得》

弊社のオーブンは、ガス機器・食品機械としての安全性・精度・耐久性を重視して、一つ一つの部品にもこだわり、全オーブンを国内の自社工場にて製造しております。

そして、輻射窯の安全性としましては、業界初のセラミックス燃焼方式と自然給気方式にあります。
9パターンから選べる涼厨

輻射窯の炉内に採用している赤外線ガスバーナー(セラミックス熱源)は大変クリーンな燃焼なので、人の集まるリビングで使うガスストーブにも採用されています。
また、耐久性が抜群の上、熱効率が非常に高いのが特徴です。
この熱源を組み込んだ特殊な炉内構造は、特許取得済み及び申請中の発明件数が23項目にも及ぶ工夫が施されています。

加えて輻射窯ならではの自然給気方式(特許取得)により、内蔵された強制給気ファンを不要とし、燃焼範囲の広い低CO2濃度を実現しました。ファン不要

燃焼の為のファンが無いので、回転音もなく静かな上、小麦粉の目詰まりというトラブルもありません

※オーブン使用の際は、換気が必要です。必ず換気扇を回して下さい。

>>>換気扇について注意事項はこちら

【機器本体の安全機能】

●電子スパーク
使いたい温度にセットすると、自動的に連続放電し、確実に着火させます。

●立ち消え安全装置
点火ミスや立ち消えの場合、速やかにガスを遮断します

●本体過熱防止装置付き

信頼の商品です●自然給気方式
本体ガスバーナーの燃焼方式は、業界唯一の自然給気方式(特許NO.3920290) 。
小麦粉等の目詰まりの原因となるファンが無いので、クリーンな燃焼が安定して維持出来ます。

  • 経済産業省管轄・技術検証機関 一般財団法人日本ガス機器検査協会 (JIA)認証品
  • ガス機器防火性能評定品
  • 主要ガス会社
    JIA作業環境向上ガス機器認証品(業界初)
    認定商品(各ガス会社のカタログに掲載されています)
  • (社)遠赤外線協会より「優秀製品・技術賞」を受賞

■主要ガス会社認定品です
東京ガス、大阪ガス、東邦ガス、京葉ガス、西部ガス、北海道ガス

主要ガス会社認定

※スタンダード商品(特注・特殊商品は除く)の輻射窯ガスオーブンの全機種は、一般財団法人日本ガス機器検査協会(JIA)の認定品です。

このページのトップに戻る▲

 アフターサポート

安心の日本製です。サポート

弊社のオーブンは、ガス機器・食品機械としての安全性・精度・耐久性を重視して、一つ一つの部品にもこだわり、全オーブンを国内の自社工場にて製造しております。
メンテナンスの際、困ったことがございましたら、真心こめて早急に対応致します。

営業部スローガン 「私たちは輻射窯でお客様に感動と感激を与えます。」試し焼きデモカー

製造部スローガン 「私たちは真心込めて製作します。」

営業部と製造技術部、そして木目細かなメンテナンスケアを行うサービス部がしっかりスクラムを組んで会社理念を実践し、丁寧にアフターサポートいたします。

キュウーハンの会社理念
『世の中に役に立ち顧客に喜ばれる企業として、会社を発展させ、
自らも輝く存在になるため限りない挑戦を続けていきます』

このページのトップに戻る▲
業務用オーブンのキュウーハン
キュウーハンへのお問合せはこちら
業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン  会社概要
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン  製品紹介
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン  オーブンを体験
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン  開業にあたり
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン

トップページ

会社概要
◆あいさつ
◆キュウーハンの歩み
◆会社概要
◆沿革
◆事業所一覧

国内生産工場
◆国内生産100%
◆中古品取扱い
◆搬入

ガスで省エネ

キュウーハンブログ

業務用オーブンのキュウーハン

業務用オーブンのキュウーハン

輻射窯とは
◆赤外線と輻射熱
◆輻射窯の構造
◆輻射窯の性能
◆省エネ性能
◆安全性について
◆アフターサポート

製品ラインナップ
◆涼厨の紹介
◆輻射窯 普通仕様
◆ピザ仕様
◆トンネル輻射窯
◆発酵機ホイロ
◆ラック・作業台
◆炉床・天板・換気扇

仕様一覧

外観ラインナップ
◆窓・操作パネル
◆カラー・レンガ・ミカゲ

  セミナー随時開催

展示会・イベント

個別で試し焼き
◆デモカー
◆テストキッチン

焼き上がり例

お客様の声

よくある質問

業務用オーブンのキュウーハン

開業サポート
◆日商別プランニング

売れる!本の紹介
◆小規模店向け経験談

納入施設
◆学校法人
◆福祉施設一覧

納入店舗一覧

お問合せ・資料請求

業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン

キュウーハン ロゴマーク業務用オーブンのキュウーハン株式会社

http://www.kyuhan.co.jp/
《本社/工場》〒830-0049  福岡県久留米市大石町271番地 
《東京営業本部》〒124-0006 東京都葛飾区堀切4-20-5
《大阪営業所》〒532-0012 大阪市淀川区木川東3-4-18

KYUHAN CORPORATION. All right Reserved.
初版2004年1月1日 当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写を禁じます。
リンクの際は、こちらも貴殿のサイトが気になりますので是非メールにて、貴殿URLを一報お願いします。
《E-メール》info@kyuhan.co.jp

業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン 会社概要