業務用オーブンのキュウーハン

業務用オーブンのキュウーハン

 製品ラインナップ

9パターンから選べる涼厨
業務用オーブン 業務用オーブン
業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 焼き上がりについて 業務用オーブンのキュウーハン
 

幅広いラインアップ

業務用オーブン
 
輻射窯二段式 輻射窯ミニ 輻射窯一段式
輻射窯二段式 輻射窯三段式 ピザ仕様輻射窯
トンネル式 輻射窯 発酵機ホイロ ラック・作業台
フランスパン炉床天板換気扇
 
   
 

 輻射窯 涼厨仕様

 
  すずちゅう  
 

業務用オーブン遠赤外線協会認定【涼厨製品とは】

全国主要ガス会社の、厨房を涼しくする戦略商品として、様々な調理機器の涼厨仕様として商品化され普及していますが、JIA快適性基準を満たした固定式ガスオーブンは開発されていませんでした。

2012年、東京ガス(株)と三年間に及ぶ共同開発の結果、JIA快適性基準値に抑える新技術で、熱くなりにくい構造を実現しました。

弊社の輻射窯(ふくしゃがまEKⅡ-642TS)が業界初の涼厨オーブンです。

【涼厨の認証基準とは】日本ガス機器検査協会による安全認定マーク

日本ガス機器検定協会JIAによる
安全基準検査に合格。

 +快適性基準の認証を取得

炉内温度250℃時の快適性基準は・・・
●操作つまみの温度が50℃以下 
●本体前面の表面温度が65℃以下
●側面・後面の機器表面温度が75℃以下
●使用者に排気熱が及ばない構造 等

このすべての基準をクリアした製品が
「涼厨」として認定されます。

【業界初の涼厨型の新構造】

●三重層の空気断熱構造  
特許NO.5595299

●冷却性を高めた3段式涼厨構造  
特許NO.5502934号

他にも遠赤外線応用技術の特許取得数は
業界ナンバーワンです。

すずちゅう炉内

涼しい厨房

【従来型との比較】

●右の写真はオーブン正面の表面温度の比較です。
従来型のオーブンは表面の放熱が高く、工房内の室温が上昇していましたが、涼厨は放熱を大幅にカット。
働く人たちにとって快適な工房となります。

涼厨オーブンの効果イメージ

【快適な工房を】 涼厨型オーブンは放熱が抑えられ工房内が快適です

●涼厨型オーブンからの放熱が抑えられることによって、工房内が快適になります。

●室温が下がることで空調費用も軽減できます。

 

涼厨型オーブンは放熱が抑えられ工房内が快適です

【選べる9パターン】

標準型と同じく一段式から三段式までございます。
ステンレス仕様の他、8色のオプションカラーからお選びください。

涼厨オーブン

涼厨カラーバリエーション

涼厨の仕様一覧はこちら  
業務用オーブン 業務用オーブン
 
 

【全国に広がる涼厨・輻射窯ガスオーブンのお客様】

 本社北九州の弊社工場から全国に輻射窯をお届け致します。
真心こめて製作したMade in Japanの本物商品です。

日本全国で好評いただいております
この他の店舗でも続々広がっています。

 
  このページのトップへ  
 

 輻射窯ミニ

 
 

輻射窯1-2輻射窯ガスオーブンで一番小さいサイズです。

家庭用としてではなく、業務用として開発されたオーブンです。

●輻射窯ミニの特徴 

いつかはお店開業を志す方に
選び抜いた素材を使い丁寧に焼成しても、どうしても家庭用オーブンには限界があります。腕や知識は専門店に負けていないのに、焼き上がりにイマイチ納得がいかないお悩みを解消してくれます。例えば将来のお店開業の準備期間として、本物の業務用オーブンを使って腕を上げたいというお客様にご採用されています。

個人のパン教室で
スペースが限られた、パン・お菓子教室でも、専門店のようなこだわりのパンや焼き菓子が実現できます。他の教室と授業内容で差別化ができ大好評です。  

カフェ・レストランで
こだわりの自家製パンや焼き菓子は今ブームとも言えます。カフェ・レストランで本格的な味を提供してみませんか?オーブンからの豊かな香りが店内に心地よく漂います。

輻射窯1-1
輻射窯1-3
輻射窯1-3
近日公開
卓上型
業務用オーブン
二段重ね 架台ホイロ付業務用オーブン 架台ホイロ付業務用オーブン
 
 
輻射窯ミニ 標準仕様 高さ800mm
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
EKⅡ-611Y

(卓上型)

6取天板・横差1枚1段

間口

奥行 間口 奥行
1,000 730 580 490
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 175 120
9.0 8.9 15A 15A
 
  このページのトップへ  
 

 輻射窯 一段式

 
 
紀元前風レンガ輻射窯 輻射窯1段アナログタイプ 輻射窯2-4 紀元前風レンガ輻射窯
前面ステンレス仕様
タッチパネル式操作盤

前面ステンレス仕様
アナログ操作盤

オールレッドカラー
下操作盤
前面レンガ仕様
左操作盤・架台ホイロ付
 
  輻射窯 基本仕様  
  輻射窯一段式 標準仕様(高さ共通1,350mm・収納庫・アジャスト脚付)
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
EKⅡ-621T 6取天板・縦差2枚1段

間口

奥行 間口 奥行
1,490 960 880 650
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 175 350
11.8 11.3 15A 15A
 
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
EKⅡ-641T 6取天板・縦差4枚1段

間口

奥行 間口 奥行
1,490 1,490 880 1,150
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 175 450
20.2 17.4 25A 25A
 
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
EKⅡ-641Y 6取天板・横差4枚1段

間口

奥行 間口 奥行
1,810 1,260 1,200 920
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 175 450
20.0 16.5 25A 25A
 
  仕様一覧はこちらこのページのトップへ  
 

 輻射窯 二段式

 
 
輻射窯2段式
輻射窯3-8
輻射窯3-3
輻射窯2段式
前面ステンレス
涼厨
業務用オーブン
オールホワイトカラー
涼厨
オールオレンジカラー
涼厨
業務用オーブン
前面ステンレス
左操作盤・四角窓・架台ホイロ付
輻射窯3-5
輻射窯3-7
輻射窯3-2業務用オーブン
輻射窯3-6
前面レンガ仕様
業務用オーブン
前面レンガ仕様業務用オーブン 濃紺ミカゲ模様業務用オーブン 濃紺ミカゲ模様
ワイド窓型
 
  輻射窯 基本仕様  
 
輻射窯三段式 標準仕様(高さ共通1,600mm・収納庫・アジャスト脚付)
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
EKⅡ-642T 6取天板・縦差2枚2段

間口

奥行 間口 奥行
1,490 960 880 650
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 350 550
23.6 22.4 15A 15A
 
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
EKⅡ-682T 6取天板・縦差4枚2段

間口

奥行 間口 奥行
1,490 1,490 880 1,150
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 350 800
38.7 34.1 25A 25A
   
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
EKⅡ-682Y
6取天板・横差4枚2段

間口

奥行 間口 奥行
1,810 1,260 1,200 920
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 350 800
39.6 34.2 25A 25A
 
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
おススメ
EKⅡ-6122T
6取天板・縦差6枚2段

間口

奥行 間口 奥行
1,810 1,490 1,200 1,150
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 350 1,000
36.9 35.6 25A 25A
 
 

業界初縦6枚差▲EKⅡ-6122Tは、縦6枚差×2段!奥に2列なので出し入れしやすくおススメです。

 ※【涼厨仕様】の外寸は、標準仕様に高さ+100㎜、幅+30㎜、奥行き+50㎜が加算されます。炉の高さは標準型と同じなので、高さによる操作性は変わりません。

 
  仕様一覧はこちら  
  このページのトップへ  
 

 輻射窯 三段式

 
 
輻射窯3段涼厨

輻射窯3段涼厨黒
輻射窯3段涼厨
オールオレンジカラー・涼厨
縦2枚差
オールブラックカラー・涼厨
縦2枚差
前面ステンレス仕様・涼厨
縦差2枚差
輻射窯3段涼厨
輻射窯3段ミカゲ
輻射窯3段レンガ
オールホワイトカラー・涼厨
横2枚差・縦4枚差
両サイド濃紺ミカゲ
縦差2枚差
レンガ
縦差2枚差
輻射窯3段特注品
輻射窯33段ステンレス
輻射窯3段ワイド窓
前面ステンレス仕様※特注
横差2枚(前後2枚×3段)
前面ステンレス仕様
縦差6枚【弊社最大容量】
前面ステンレス仕様・ワイド窓
縦差6枚【弊社最大容量】
 
  輻射窯 基本仕様  
 
輻射窯三段式 標準仕様(高さ共通1,850mm・収納庫・アジャスト脚付)   
型番 容量 外寸(mm) 内寸(mm)
おススメ
EKⅡ-6183T
6取天板・縦差6枚3段

間口

奥行 間口 奥行
1,810 1,490 1,200 1,150
ガス最大消費量(kW) ガス配管口径 100(W) 重量(kg)

LPG

13A LPG 都市G 510 1,500
55.1 52.4 25A 25A
 
 

業界初縦6枚差▲EKⅡ-6183Tは縦6枚差×2段!奥に2列なので、大容量ながら天板の出し入れがしやすくおススメです。

※【涼厨仕様】の外寸は、標準仕様に高さ+100㎜、幅+30㎜、奥行き+50㎜が加算されます。
炉の高さは標準型と同じなので、高さによる操作性は変わりません。

 
  輻射窯 基本仕様  
  仕様一覧はこちらこのページのトップへ  
 

 輻射窯 ピザ仕様

 
 

冷めても美味しいピザ用輻射窯

 

ピザ用輻射窯今まで平窯タイプでは難しいと思われていた高温焼成のピザも、輻射窯で焼くと薪窯に匹敵する美味しさです!

わずか数分間の高温焼成でさっと焼くのに欠かせないのが、ドア部分の密閉効果です。ピザオーブンも輻射窯
薪窯のような開放口のものは、絶えず炉の熱が外にも逃げる構造なので、焼成温度も超高温の500℃が求められますが、輻射窯は、ドアの密閉効果と遠赤外線技術で、400℃以下の温度で美味しく焼き上げます。
しかも省エネ、低燃費、低CO2も実現できるのです。

 
 

ピザ用操作盤現代の科学(特許)で「遠火の強火」を実現!

輻射窯は、熱伝導や光をよく反射する高純度のアルミ素材の乱反射装置(特許)を開発。炉内のセラミック熱源から放される近赤外線と遠赤外線のダブル放射の光エネルギーが、炉内天井の乱反射装置で、強力に各方面からまんべんなく生地に降りかかる構造です。
乱反射装置は蓄熱効果もあり、炉内を高温で一気に加熱、しかも直射熱ではなく、遠・近赤外線の「遠火の強火」を効かせ、表面と内分をバランス良く焼いて旨み成分を閉じ込めます。
それにより、生地に適度な水分が保たれたまま、小麦粉のデンプンが瞬時に温度変化して、ピザ生地を香ばしくサックとした感触に焼き上げます。

 
 
ピザ用輻射窯3 ピザ用輻射窯3 ピザ用輻射窯3
前面ステンレス
PG-621T-SC

オールレッドカラー
PG-621T-B
※8色からお選びいただけます

前面レンガ仕様
PG-621T-BC
※ゴールドリングは窓ではなく装飾です
業務用オーブン

業務用オーブン

業務用オーブン
 
 

仕様一覧はこちら【オプション】
 ●炉内保温ボード
 ●ドア下カス取り引き出し ※装備できない機種もあります

 
 
  このページのトップへ  
 

 選べる直置き兼用の炉床

 
 
スチーム仕様のオーブンなら
 
本格的長崎カステラ・フランスパン・ピザに、こちらの炉床はおススメです。
ローラー装置(オプション)で熱板を引き出しながらの作業もできます。
 ミオレックス(無機質ファイバー材)
特長/高耐熱性で機械強度や安定性に優れ、クセもなく扱いやすく
長年の実績と信頼性の高い国産の人工石です。  
※食品衛生法陶器製器具の規格試験適合品。
オーブン炉床にミオレックス
 ニコセラム(無機質系複合ボード)
特長/優れた耐久性と機械強度を持ち、砕石を添加することにより比重を高め、
天然石に近い蓄熱性を有しています。
※食品衛生法陶器製器具の規格試験適合品。
オーブン炉床にミオレックス
 溶岩石(蓄熱性抜群の天然石)
 特長/安山岩に属する桜島溶岩石を熱すると、溶岩の多孔質の細かい気泡に熱がこもるので、
蓄熱性に大変優れています。
オーブン炉床にミオレックス
 
  このページのトップへ  
 

 トンネル式 輻射窯

 
 

光と蓄熱パワーの焼成力

輻射窯(固定窯)の石窯焼きを再現するノウハウを大容量焼成が可能なキャタピラ運行のトンネルオーブンに取り入れました。

熱源は両サイドにあるセラミックバーナーから放たれる赤外線の光エネルギーです。
炉内天井に熱源はなく、反射棒装置(乱反射装置)を設置しており、赤外線を均一に拡散します。また炉内で循環する自然対流熱を蓄熱することで、省エネ効果も発揮します。

石窯のような熱まわりに加え、ガスならではの適度な水分、酸化を防止する還元力で、味の差別化を実現します。

トンネルオーブン
トンネルオーブン

 

トンネルオーブン炉内

▲輻射窯の石窯焼きを再現する特許炉内構造をトンネルオーブンに取り入れました。赤外線輻射のイメージです。

【主な焼成品目】
食パン・菓子パン・ピッツァ・デニッシュ・ナン・チーズケーキ・スポンジケーキ・焼きプリン・クッキー・サブレ・焼き饅頭・焼きいも・米飯など。

※操作盤はBOX仕様の他、本体取付け仕様もあります。
※基本3ゾーンに分けたトンネルラインを増やし、更に細かく設定することもできます。

業務用オーブン 業務用オーブン 業務用オーブン
 
  仕様一覧はこちら  
     
  このページのトップへ  
 


◆発酵機(電熱式ホイロ)◆

・ホイロ内の温度・湿度は循環ファンの働きにより上下ムラなく均一に保たれます。
・温度・湿度の調整はダイヤル一つでOK!その上温度計も完備しています。
・パン皿のみならず、食パンケースを利用した発酵も可能です。
・十分な保湿加工により保熱に優れ電気消費が少なく経済的です。
・外観・内部とも総ステンレス仕様により美麗かつ衛生的です。
・4枚~48枚差まで 製作可能です。

輻射窯8-1 輻射窯8-2

輻射窯8-3

 
ホイロ32枚差
4枚~48枚差まで 業務用オーブン
ホイロ32枚差しの庫内
業務用オーブン
小型ホイロ
【天板1枚差×7段】
業務用オーブン

業務用オーブン
業務用オーブン
 
  このページのトップへ  
 


◆その他オーブン関連商品◆

 ▼トンボラック(両面・片面)・食パン用ケース兼用ラック

輻射窯9-1
輻射窯9-2
輻射窯9-3
 
トンボラック(両面)
業務用オーブン
トンボラック(片面)
業務用オーブン
食パンケース兼用ラック
業務用オーブン

業務用オーブン

 ▼作業台(ワークテーブル)
簡単なものから教室などでご好評な衛生的で高級感溢れる大理石仕様まで、ご希望に合わせて製作致します。
※引出し・包丁さし・フック・中段・大理石・IHクッキングヒータ組込み人工石・キャリアはオプションで付けられます。

輻射窯9-4 輻射窯9-5 作業台 大理石

作業台 1,800mm(W)
引き出し付

作業台 1,800mm(W)
中段付

作業台 1,200mm(W)
IHクッキングヒーター付

二漕シンク 1,800mm(W)

業務用オーブン 業務用オーブン 業務用オーブン 業務用オーブン
 
  このページのトップへ  
     
 

 天板の豆知識

業界用語 6取天板・8取天板って?

業務用オーブンの能力を表すのに、菓子皿が一度に何枚焼けるかという表現が使われますので、弊社の型式には、皿の枚数を能力の数値として入れ込んでいます。

天板違いある規格のサイズの鉄板を6枚カットした大きさのものを6取天板皿といいます。
また、8枚にカットした大きさのものを8取天板といいます。
したがって、6取天板の方が8取天板よりもサイズが大きくなります。

右の写真は、8取天板と6取天板を重ねたものですが、大きさはこのくらいの違いになります。

また、お皿の耳の高いものを深口、低いものを浅口といいます。
6取天板皿も8取天板皿も、深口・浅口に関わらず同じ規格の板サイズから作られますので、深口の方が、浅口より皿(底面)のサイズが若干小さくなります

材質は、一般的にはアルミと鉄の合金のアルタイト製が一般的ですが、すこし高価なもので、テフロン加工やシリコン加工されたものもあります。

正確な大きさは、加工メーカーによって若干の違いはありますが、参考まで下記のとおり紹介いたします。

天板13天板12●6取天板であんぱんを焼いた時の写真です。

同じ大きさのあんぱんですが、8取天板は9個、6取天板は12個焼けました。

業務用オーブン
 
 

 さまざまな天板 

◆プレスと手折りの違い◆
プレス仕様

天板1天板の四隅が丸みをおびて、切れ目のないプレス加工されているもの。
(写真は深口)

手折り仕様

天板2天板の四隅が角になっており、切れ目がある加工のもの。
(写真は深口)
※手折りと呼ばれていますが、機械加工です。

深口

天板3 ヘリの高さは、手折り・プレス共に43mm。
※写真は手折りですが、プレスも同様です。

浅口

天板4 ヘリの高さは、手折り・プレス共に30mm。
※写真は手折りですが、プレスも同様です。

 
 
◆天板の大きさ【単位:ミリ】◆
6取天板プレス-並列6取天板プレス-重ね
6取天板--プレス仕様・深口
外寸法(へり) 380×530×43
底寸法 345×495
6取天板--プレス仕様・浅口
外寸法(へり) 395×545×30
底寸法 370×520
6取天板手折り-並列6取天板手折り-重ね
6取天板--手折り仕様・深口
外寸法(へり) 385×535×43
底寸法 345×495
6取天板--手折り仕様・浅口
外寸法(へり) 400×550×30
底寸法 370×520
8取天板手折り-並列8取天板手折り-重ね
8取天板--手折り仕様・深口
外寸法(へり) 330×420×43
底寸法 290×380
8取天板--手折り仕様・浅口
外寸法(へり) 340×435×30
底寸法 310×405

※8取天板にはプレス仕様はありません。

 
 

参考までですが、用途としては、6取天板の深口の皿は、パン屋さんで多く使われ、8取天板は、例えばロール生地を流すのにちょうどいい大きさということもあり、洋菓子屋さんで多く使われています。
しかしながら、一概にパンだから、洋菓子だから、和菓子だからという天板の決め事はありません。
ご使用されるお客様のお好みにより検討の上、その天板にあったオーブンを選択してください。
キュウーハンでは6取天板以外でも製作可能ですのでご相談ください。

※業務用オーブンには通常、菓子皿は付いておりません。オプション品として別途ご注文してください。

 空焼きの方法例

新品の菓子皿は、いきなり高い温度で空焼きをしてしまうと菓子皿が反ってしまいます。
下記のような方法で、徐々に空焼きの温度を上げていくと、比較的反りにくくなりますので、お試し下さい。

天板18①天板をお湯洗いします。
(柔らかいスポンジ等で軽く洗います。洗剤は使わないで下さい。)

②左写真のように天板を交互に重ね、天板1枚1枚に火が入るようにします。

③上火・下火100℃に窯の温度を合わせ1時間火をいれます。

④1時間後天板を窯から出し、人肌くらいになるまで冷ましてから、離軽油(天板油)を薄く一面にひきます。

⑤再び天板を窯に入れて、今度は150℃にして上火・下火を合わせて1時間火を入れて、窯から出し、人肌くらいに冷ましてから離軽油を塗ります。

⑥今度は上火・下火200℃に合わせ、同じように一時間火を入れます。
徐々に温度を上げて天板を慣らせます。

 6取天板が重いと感じたら・・・

おすすめ天板19通常6取天板は約1,800gくらいありますが、このアルミ天板(手折り)は約800gで、軽く、扱いがラクラクです。
寸法は420×600×30ミリと大きめになっております。

※このアルミ天板(手折り)は特注商品につき、一回当たりのご注文は10枚以上でお願いします。

業務用オーブン
 
  このページのトップへ  
 

 換気扇設置についての注意事項

 
 

換気扇取り付け・フード内はオーブンの排気熱で熱くなるため、換気扇はプラスチックの羽ではなく耐熱性のスチール製をご使用ください。

・業務用ガスオーブンを設置する厨房室には、給気口(ガラリ)を設けて下さい。

・オーブンの排気は後方上部より排出されます。フードとオーブンの間は1m以内にしてください。

◆建物給気口について

・給気口の大きさは、特に計算する場合を除き、その室で同時に使用されるガス消費量(SI単位)1kW当り有効開口面積で8.6平方センチ以上とすること。
ただし、窓、ドア等の隙間で通気が期待できる場合は、これらを給気口として利用できます。

※詳しくは、一般財団法人日本ガス機器検査協会発行の「業務用ガス機器の設置基準及び実務指針」-給気口の大きさ及び位置-を参照ください。

換気扇の設備例◆高温用換気扇の風量能力について

・換気扇等の風量は換気上有効な排気フードI型(高温用換気扇付)を設けた場合として、オーブンのガス消費量(SI単位)1kW当り27.9立方メートル/h以上としてください。

・下図は、排気フードI型(高温用換気扇付)を設備した参考例です。

※詳しくは、一般財団法人日本ガス機器検査協会発行の「業務用ガス機器の設置基準及び実務指針」-換気扇等の能力-を参照ください。

◆輻射窯ガスオーブン能力別 換気扇の必要風量 目安表

オーブンに合ったフード内の換気扇の必要風量の割り出し方をご紹介します。
換気扇のカタログに掲載されている風量能力と照し合せて選定してください。

下記の換気扇の風量能力の目安表は、排気フードI型(業務用ガス機器の設置基準及び実務指針参照)を設けた場合(上記設置図参照)、オーブンのガス消費量1kW(SI単位)当り27.9立方メートル/hとして算出した値です。

※排気フードI型以外のダクトを設けるなど、給気または排気の経路に抵抗がある場合は除きます。
※オーブン基本型式は、オプション記号を除く頭部分です。
それ以外の基本型式及び、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

オーブン基本型式 【容量】
※風量能力は換気扇のカタログに掲載されています。
必要な換気扇の風量
(単位:立方メートル/h)
都市ガス
プロパン
EKⅡ-611Y(S) 【6取天板 縦1枚差 1段窯(卓上)】 250 260
EKⅡ-621T(S) 【6取天板 縦2枚差 1段窯】 320 330
EKⅡ-642T(S) 【6取天板 縦2枚差 2段窯】 630 660
EKⅡ-663T(S) 【6取天板 縦2枚差 3段窯】 950 990
EKⅡ-641T (S) 【6取天板 縦4枚差 1段窯】 490 570
EKⅡ-682T(S) 【6取天板 縦4枚差 2段窯】 960 1,080
EKⅡ-6123T(S) 【6取天板 縦4枚差 3段窯】 1,430 1,630
EKⅡ-641Y(S) 【6取天板 横4枚差 1段窯】 460 560
EKⅡ-682Y(S) 【6取天板 横4枚差 2段窯】 960 1,110
EKⅡ-6123Y(S) 【6取天板 横4枚差 3段窯】 1,410 1,700
EKⅡ-6122T (S) 【6取天板 縦6枚差 2段窯】 1,000 1,030
EKⅡ-6183T (S) 【6取天板 縦6枚差 3段窯】 1,470 1,540
EKⅡ-6122Y(S) 【6取天板 横6枚差 2段窯】 930 1,010
EKⅡ-6183Y(S) 【6取天板 横6枚差 3段窯】 1,390 1,640

 ◆SI単位(ガス消費量の進表示kW)について

・1kWは860kcal/hであるので、kWで表示されているものをkcal/hに換算する場合は860倍してください。

・1kg/hは14kWとしているので、kWで表示されているものをkg/hに換算する場合は14で割ってください。

SI単位によるガス消費量(換算例)
1,000kcal/h=1.16kW
10,000kcal/h=11.6kW

 
  このページのトップへ  
  キュウーハンへのお問合せはこちら  
  業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン  会社概要
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン  製品紹介
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン  オーブンを体験
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン  開業にあたり
業務用オーブンのキュウーハン業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン

トップページ

会社概要
◆あいさつ
◆キュウーハンの歩み
◆会社概要
◆沿革
◆事業所一覧

国内生産工場
◆国内生産100%
◆中古品取扱い
◆搬入

ガスで省エネ

キュウーハンブログ

業務用オーブンのキュウーハン

業務用オーブンのキュウーハン

輻射窯とは
◆赤外線と輻射熱
◆輻射窯の構造
◆輻射窯の性能
◆省エネ性能
◆安全性について
◆アフターサポート

製品ラインナップ
◆涼厨の紹介
◆輻射窯 普通仕様
◆ピザ仕様
◆トンネル輻射窯
◆発酵機ホイロ
◆ラック・作業台
◆炉床・天板・換気扇

仕様一覧

外観ラインナップ
◆窓・操作パネル
◆カラー・レンガ・ミカゲ

  セミナー随時開催

展示会・イベント

個別で試し焼き
◆デモカー
◆テストキッチン

焼き上がり例

お客様の声

よくある質問

業務用オーブンのキュウーハン

開業サポート
◆日商別プランニング

売れる!本の紹介
◆小規模店向け経験談

納入施設
◆学校法人
◆福祉施設一覧

納入店舗一覧

お問合せ・資料請求

業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン
 
業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン
 

キュウーハン ロゴマーク業務用オーブンのキュウーハン株式会社

http://www.kyuhan.co.jp/
《本社/工場》〒830-0049  福岡県久留米市大石町271番地 
《東京営業本部》〒124-0006 東京都葛飾区堀切4-20-5
《大阪営業所》〒532-0012 大阪市淀川区木川東3-4-18

KYUHAN CORPORATION. All right Reserved.
初版2004年1月1日 当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写を禁じます。
リンクの際は、こちらも貴殿のサイトが気になりますので是非メールにて、貴殿URLを一報お願いします。
《E-メール》info@kyuhan.co.jp

 
業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン 業務用オーブンのキュウーハン
業務用オーブンのキュウーハン 会社概要